ヤエヤマヒルギ

ヒルギ科 ヤエヤマヒルギ属
Rhizophora stylosa

八重山諸島でマングローブ林を形成するヒルギ科の代表的な高木です。高さは10〜20mの常緑高木。 石垣島、西表の河口には支柱根と呼ばれるタコ足状の根を広げた風景が良く見られます。 葉は対生し、厚い革質で光沢があり、長楕円形〜楕円形長さ10〜20cm。葉腋から2叉状に分枝する集散花序を出し、白い花を5〜8個つける。
(主なマングローブオヒルギメヒルギマヤプシギ

石垣島 2002.12.21  


葉は先の尖った長楕円形。胎生種子と呼ばれる種子が伸びて行きます⇒
西表島 2007.2.18  

石垣島 2013.5.27  

西表島 2013.5.27  

西表島 2013.5.27  

トップへ戻る

inserted by FC2 system