リュウキュウイノモトソウ(琉球井之許草)

イノモトソウ科 イノモトソウ属
Pteris ryukyuensis Tagawa



平地、山地と場所を選ばず至る所でみられる。葉は二形で1〜2対、
最下の羽片は分岐する事もある。
栄養葉は長さが胞子葉の半分位で側羽片は1対の事が多い。
頂羽片は側羽片の倍以上の長さになり、鈍頭、不規則な鋸歯縁。
分布は九州(鹿児島県)琉球列島
フイリリュウキュウイノモトソウはこちら

大里村 12.2.27

栄養葉は1対、狭披針形、胞子葉より幅が広い。
大里村 12.2.27

トップへ戻る



inserted by FC2 system