フイリリュウキュウイノモトソウ

イノモトソウ科 イノモトソウ属

Pteris ryukyuensis‘Variegata’

リュウキュウイノモトソウの斑入りで現状ではすでに絶滅したと言われている種。 この株は沖縄南部の昔からある石垣の近くに生えていた物。斑入りのシダ植物に関しては園芸種として広く販売やされ、 出回っているが、この場所は周りに民家もなく、斑の入り方も「中班」と呼ばれる系統化しているものと言う事で、野生種としました。

「中斑」と呼ばれるものは通常の突然変異による斑入りではなく、そういう系統だと言う事だそうです。過去に採取された為に
自生が無くなったという訳で、園芸種として出回り、それが又逸脱している物はあると思うので周りの環境も考慮した。

南城市 2012.12.17

2012.12.17

久しぶりに様子を見に行ったが、以前と同じ場所に、同じように生えていた。安定しているようである。
南城市 2019.8.30

トップへ戻る

inserted by FC2 system