ナンバンキンギンソウ(南蛮金銀草)
ヤエヤマキンギンソウ

ラン科 シュスラン属
Goodyera rubicunda

山地の樹林下でみられる高さ20〜50cm多年草。茎は初め横に這い、その後立ち上がり5〜6枚の葉を互生する。 葉は斜卵形〜斜倒卵形、長さ10〜15cm、幅4〜7cm、先が急に尖ります。 長さ15cm位の花茎の先に穂状花序があり、多数の花をつけます。花は無柄で濃黄色、唇弁は淡黄色、側萼片の外側はやや赤みをおびる。 葉にシワがあるのが特徴。花期は7〜8月。

大宜味村 2009.8.8


新鮮な花が綺麗でした ヒゲナガキンギンソウに似るが花期が違う。2009.8.1

茎は横に這い、その後直立する 2008.8.3

2008.8.3

写真で分かるように咲き終わりの種が付いていて、花期は夏(7〜8月)だそうです。
それに葉の縁に波があります。夏には花を確認したい。2008.1.6
 

トップへ戻る

inserted by FC2 system