ヨウラクヒバ(瓔珞檜葉) 

ヒカゲノカズラ科 ヒカゲノカズラ属
Lycopodium phlegmaria



山中の樹幹に下垂して着生する常緑多年草のシダ。茎の基部は叉状に分岐して長さは40〜50cm又はそれ以上になる。 葉は開出してつき、緑色〜黄緑色革質でやや厚く、光沢があり、卵状披針形。胞子嚢穂は枝の先端につき、叉状に1〜数回 分岐して、長さ10〜15cmで径1〜2mmのひも状となる。
分布は九州南部以南。ナンカンランと良く似ているが、こちらは茎の下の方で分岐するので見分けられる。

08.6.8

胞子嚢は下のほうに紐状に下がって付く。この日みた株は年期が入っているようで迫力を感じました。
08.6.8



トップへ戻る


inserted by FC2 system