ヤンバルミョウガ(山原茗荷)

ツユクサ科 ヤンバルミョウガ属
Amischotolype chinensis

山地林床に生える高さ50〜60cmの常緑多年草。やや湿り気のある所で見られる。
茎は円筒形で高さ40〜70cm。下部は倒伏して節部から下根する。葉は長楕円状披針形で鋭尖頭。
葉柄の縁には褐色の長毛があります。一見ヤブミョウガかなと思いましたが、花の付き方が違った。
葉腋に白い花を密集させる。果実は卵円形で地味な草に似合わず鮮やかな橙色をしていた。

名護市 2008.10.18

名護市 2011.12.29

国頭村 2015.9.24  

トップへ戻る





inserted by FC2 system