ヤナギニガナ (柳苦菜)
(アツバニガナ)

キク科 ニガナ属
Ixeris Iaevigta

山地の渓流の岩上に生える多年草。茎は疎らに分岐し、草丈は12〜45cm。
根生葉は花時にはロゼット状に残り、 披針形〜線状披針形、辺縁は浅い鋸歯〜羽状浅裂し、厚い葉質。
頭花は多数で散房状につき、花柄は長さ6〜18mm、 総苞は円筒形で長さ5〜6mm、頭花は10〜11個、花冠は黄色。痩果は狭披針形、長さ4mm。






分布は九州南部〜沖縄。沖縄県でも本島北部と西表に見られる。
渓流で見られるのは少なくなったが、最近は国頭村の山地のダム公園等
の芝生の中でも見られる様になった。
これは石灰岩の山の林縁で斜面に生えていた。
大宜味村 2013.2.26

←渓流に生えるヤナギニガナ
大宜味村 2007.12.8

↓渓流の葉は力強くてカッコいい。
大宜味村 2006.11.19



ダムの公園でみました。最初はオニタビラコかな〜と思ったほど、沢山咲いていた。
なかなか探せないと思っていましたが、結構咲いてるんですね。2006.5.4


黄色い小花が多数つく。
2004.11.28

国頭村2017.3.12

トップへ戻る

inserted by FC2 system