ヤナギイチゴ(柳苺)

イラクサ科 ヤナギイチゴ属
Debregeasia edulis




琉球、台湾から中国まで分布する落葉性の低木。
幹は直立して高さは2〜3m。枝を多数分岐します。
葉は線状長楕円形、長さが10cm位。
葉が柳ににて、実が苺の様なのでこの名前が付いた。
実を食べてみると素朴な甘酸っぱい味でした。

2012.2.1

2006.5.4


球形の白い毛のあるのが雌花。その上に赤くついているのが雄花。
 2012.2.1

赤い花被片の雄花の4本の雄しべが開いてます。
 2012.2.1

 2012.2.1



トップへ戻る

inserted by FC2 system