ヤマモモ(山桃)

ヤマモモ科 ヤマモモ属
Myrica rubra 


低地の林縁に生える高さ10〜20mの常緑高木。葉は互生、長楕円形〜倒卵形だが、変異が大きく、全縁〜鋸歯縁、葉柄は5〜10cm。 数珠つなぎに小さな赤色の花をつける。雌雄異株。果実は球形で暗赤色に熟する。熟した実を焼酎に2ヶ月ほど漬けると、鮮やかな赤色のヤマモモ酒ができます。 開花期は2〜3月。

2012.3.25

雄花 2012.3.25

雄花 2012.3.25

果実 (左)2012.4.8   (右)2015.5.17
トップへ戻る

inserted by FC2 system