ヤマヒハツ(山畢撥)

トウダイグサ科 ヤマヒハツ属
Antidesma japonicum

高さ2〜3mの常緑低木。葉は薄く柔らかい広倒披針形全縁で先が尖る。葉は単葉で互生し、 長さ6〜10cmの倒披針形〜広倒披針形、全縁で先が尖ります。雌雄異株。花は5月頃、 茎の先端や葉腋から総状花序に多数付きます。果実は歪んだ楕円形。

12月に枝全部に熟した黒い実のついた見事な姿をみた。
実を食べてみたけどあまり甘はなく、口の中が真っ黒になりました。

国頭村 11.9.4

西表島 11.12.25


雌花  国頭村 12.5.26

雄花 国頭村 2012.6.9

果実 国頭村 2012.7.28 



トップへ戻る





inserted by FC2 system