ヤマアイ(山藍)

トウダイグサ科 ヤマアイ属 
Mercurialis leiocarpa


隆起石灰岩の山に自生する雌雄異株の多年生草本。茎は直立して草丈は高さ30〜80cm。葉は卵状披針形で先が尖り対生する。 茎頂近くの葉腋から短い穂状花序を出し、花を咲かせます。藍の染料を取る草なので、この名前がついた。

13.2.8

13.2.8

こちらは雄花。



トップへ戻る









inserted by FC2 system