ヤエヤマネコノチチ(八重山猫之乳)

クロウメモドキ科 ネコノチチ属
Rhamnella franguloides var.inaequilatera



低地〜山地にかけて見られる高さ10m内外の亜高木。小枝は灰褐色
をしている。葉は互生し長楕円形〜狭長楕円形で薄質、鈍い鋸歯縁、
上面は深緑色で光沢がある。葉柄は1〜1.5cm。腋生の集散花序は
長さ1cm位5〜7個の淡黄緑色の小さな花をつける。
核果は5mm位で初め黄赤色で後で黒熟する。
フタオチョウの食草として知られています。
実の形が猫の乳首に似ているのでこの名前がついた。
2012.5.26

2012.5.26

2012.5.26

トップへ戻る

inserted by FC2 system