ヤエヤマアオキ(八重山青木)

アカネ科 ヤエヤマアオキ属  
Morinda citrifolia L.


南西諸島、小笠原諸島の海岸近くの林内に生える亜高木。幹は直立して高さ3〜8mになる。
葉は楕円形〜長楕円形で革質、表面は艶があり長さ10〜25cm。葉柄は長さ1〜2cm。
花は白色で1cm位、先は5裂する。卵円形の集合花は薄緑色〜白色に熟し、食用として使われる。
国内分布は小笠原諸島、琉球。開花は5〜7月。

西表島 (左)2012.2.5 (右)2010.6.4

実から取れるジュースを「ノニジュース」として市販されている。


うるま市 2017.11.26

トップへ戻る

inserted by FC2 system