ウラジロカンコノキ(裏白かんこの木)

トウダイグサ科 (RPG:コミカンソウ科) カンコノキ属
Glochidion acuminatum

山地の林内、林縁に生える高さ4〜5mの常緑小高木。小枝は灰褐色で有毛。 葉は長楕円形〜被針状長楕円形長さ4〜8cm、幅2〜3cm、先は鈍頭、又は鋭頭、下面は短柔毛があり灰白色。 葉柄は長さ2〜3cm。
花は葉腋に束生し、雌花には短毛があり、花柄は長さ5〜7mm、萼片は6個で長さ1mm。室果は扁球形。
分布は奄美、徳之島、沖縄、石垣、西表、東南アジア。開花は4〜5月。


国頭村 (左)2015.1.19 (右)2014.5.3

葉の下面は短柔毛があり灰白色。雄花は短毛があり、花柄は5〜7mm、花柱は短円柱形。
国頭村 2014.5.3

国頭村 2014.5.3


トップへ戻る



inserted by FC2 system