ウラジロエノキ

ニレ科 ウラジロエノキ属
Trema orientalis


川沿いや山地林縁のやや湿った所で見られる常緑の高木。白っぽい樹幹はやや曲線的に伸び、高さ5〜10m位になる。 葉は卵状披針形、先の方は次第に尖ります。葉は互生で単葉。細かい鋸歯がある。葉の表面は緑色で裏面は絹毛のため銀灰色になっています。 葉腋から長さ1.5〜3cmの集散花序を出して小さい花を多数つける。

2012.4.26

2012.4.26

トップへ戻る

inserted by FC2 system