ウラジロ(裏白)

ウラジロ科 ウラジロ属
Gleichenia japonica Spr  

山地の斜面でやや湿った所でみられる大型の多年生のシダ。根茎は地中を長く匍匐し、硬く径1cmになる事がある。 麟片はやや密につき黒褐色〜茶褐色で披針形、辺縁は不規則に毛が出る。
葉は高さ2m程度、葉柄の長さで通常1〜2m、先端から二つに分かれて一対の葉をつける。
小羽片は無柄で線形。裏面は白く、星状毛がある。胞子嚢群は中肋と辺縁の中間に1列に並び、胞子嚢は3〜4個、白っぽくて星状の側糸がある。

先端から二つに分かれて一対の葉をつける。
東村 2010.2.6

裏面は白く、星状毛がある。
2012.5.7

胞子嚢は3〜4個、白っぽくて星状の側糸がある。
2014.6.7

2014.4.12

新葉は葉が立ちあがるので、V字型になり、春にはこんな素晴らしい光景を見る事が出来た。
2012.4.8

トップへ戻る



inserted by FC2 system