ツルザンショウ(蔓山椒)

ミカン科 サンショウ属
Zanthoxylum scandens

木の幹に巻きついて上に這い上がる常緑の蔓性藤本。
葉は互生で奇数羽状複葉。薄い革質で長さ15〜20cm、幅5〜8cm。 小葉は11〜23個、上方のものは大形で下方のものは小形。葉の先は大きく基部になるに従って小さくなる。
総葉柄は長さ2〜4cmで棘がある。
葉腋に長さ5〜12cmの円錐花序を作り、小形の花を多数つける。開花期は3〜5月。
果実はやや球形で種子は黒色、光沢がある。別名リュウキュウザンショウ
名護市 2011.10.16

果実は皮が厚く球形で食べてみたが、ミカンの香りはしたが美味しいとは言えなかった。
葉柄の棘の様子
名護市 2011.10.16

実が割れて黒い艶のある種子が見えて来ています。(左)
名護市(左) 2012.1.14 (右)2013.4.6

名護市 2013.3.20

名護市 2015.3.25




トップへ戻る





inserted by FC2 system