ツルセンダングサ(蔓栴檀草)


キク科 センダングサ属
  Calyptocarpus vialis



別名ミチバタギク。
日当たりのよい草地、道端に生える熱帯アメリカ原産の多年草。帰化植物
茎はやや紅色を帯び、白い微毛が多く、多数に分岐し、マット状に広がって
行きます。葉や葉柄にも微毛があり、触るとザラザラします。
葉は倒卵形〜三角状倒卵形で短い柄があり、葉腋から細い花柄を出し、
径0.5〜1cm程度の黄色の小花を咲かせます。舌状花は5〜6枚。
2年前に花は見ていましたが、最近になってやっと名前が分かりました。


中城村 2013.4.3

中城村 2011.12.19


トップへ戻る

inserted by FC2 system