ツルナ(蔓菜)

ハマミズナ(ツルナ)科 ツルナ属
Tetragonia tetragonoides 

海岸の砂地に生える匍ふく性の多年生草本。茎には稜があり、良く分岐して這い、上部は斜上する。葉は互生、対生、三角〜ひし形状卵形。 葉と茎に腺点を密布しざらつく。
葉腋に黄色い花を1〜2個つける。花弁は無く萼は4裂し、内面は黄緑色。

東村 2008.6.22

瀬底島 2013.5.12


トップへ戻る





inserted by FC2 system