トラノオシダ(虎の尾羊歯)

チャセンシダ科  チャンセンシダ属
Asplenium incisum

低地の山野や路傍に生える常緑性のシダ。本州、四国、九州では普通に、琉球ではやや稀にみられるそうだ。
・根茎は短くて小さく、斜上し、鱗片がある。鱗片は暗褐色〜黒色で格子状、広線形〜披針形3〜4mm、全縁。
・葉柄は叢生し、緑色で、裏面は普通紫褐色を帯び、表面に浅い溝がある。葉はやや二形で胞子嚢群をつける葉は大きくほぼ直立し、 胞子嚢群をつけない葉はやや小さめで斜めにつく。
・葉身は単羽状、2回羽状復生、葉面の長さ約20〜30cm、下部の羽片は短く耳状、裂片は鈍頭か短く尖り鋸歯縁。
・胞子嚢群は長楕円形、中肋寄りにつく。

岩手県 2012.11.23

熟した胞子嚢群葉の裏面いっぱいに広がって見える。
岩手県 2012.11.23

※琉球に稀にあるという事を知りました。探したいです。

トップへ戻る

inserted by FC2 system