トゲカズラ(刺蔓)
トリモチカズラ

オシロイバナ科 ウドノキ属
Pisonia aculeata L.

海岸林、石灰岩地に生える有刺藤本。雌雄異株。枝は下垂し、葉腋には1対の長さ1cm内外の太い刺がある。幹は他の物にもたれかかる様にして伸び、 4〜7mになる。葉は対生又はやや対生、卵状長楕円形〜楕円形、長さ6〜10cm、表面には光沢がある。 花序は葉腋、又は頂生し、岐散状となり有柄。花は帯黄白色、雄花は4〜5mm、花弁はなく萼片が花弁に見える。 果実は狭楕円形〜こん棒状、いぼ状の突起がある。
分布は与論島、沖縄島、大東島、宮古島、石垣島、西表島。 花期は3〜4月。


糸満市 2016.4.24

糸満市 2016.4.24

糸満市 2016.4.24

雄花
糸満市 2016.4.24

果実は狭楕円形〜こん棒状
糸満市 2016.5.14

トップへ戻る



inserted by FC2 system