チリメンナガボソウ (縮緬長穂草) 

クマツヅラ科 ナガボソウ属
Stachytarpheta dichotoma

荒地や草地に生える草丈15〜100cmの多年草。茎は若い時は四角形、基部は良く分岐する。
葉は対生、短い柄があり、卵形〜長楕円形、縁に鋸歯があり、葉面は著しくしわになる。
茎頂から出る長さ30cm程の花穂に下から順序よく花をつける。花冠は径7mm程の濃紫色で5裂する。
南アメリカ原産の帰化植物。開花は周年。フトボナガボソウに似るがそれより葉の皺が深く花色が濃い。

中城村 2014.2.21

中城村 2014.2.21

トップへ戻る


inserted by FC2 system