チケイラン(竹尢磨j

ラン科 クモキリンソウ属
Liparis bootanensis


山地常緑広葉樹林の木の幹や岩状上に着生する常緑の多年草。草丈は10〜20cm。緑色の偽球茎の先から葉をつけ、 葉身は長楕円形、長さは15cm内外で、先は鋭く尖ります。葉の上部に長い花茎を伸ばし10個位の花をつけます。 花は淡い黄緑色で徐々に淡い茶褐色に変わって行きます。県外では四国、九州南部、屋久島、奄美大島、徳之島でも見られる。

やんばるの森林の中、木の幹に着いて咲いていました。花がなんとも可愛い形で、小さい妖精を連想します。
国頭村 07.12.9

国頭村 11.1.10

2011.12.11

2013.1.13
トップへ戻る





inserted by FC2 system