チドメグサ(血止草)

セリ科 チドメグサ属
Hydrocotyle sibthorpioides

道端や荒れ地等でみかける多年草。茎は地を這って匍匐し良く枝分かれし節からひげ根を出して増えて行く。
葉は円形で長い柄の先につき無毛。花は葉腋から花序をだし、帯紫色の小さい花を咲かせる。 葉を傷口に当てると止血作用があるとしてこの名前が付けられた。


2012.1.4

2012.1.4

2015.8.6

トップへ戻る





inserted by FC2 system