テツオサギソウ (鉄夫鷺草)

ラン科 ミズトンボ属
Habenaria stenopetala


森林の樹林下に生える多年生。直立した茎は高さ25〜40cm位になりその上に3〜6枚の葉を付ける。
長楕円形の葉には艶があるので、別名をテリハサギソウと言う。茎の先に総状花序をつけ、淡緑白色の花を
10〜20個つける。萼片や花弁は線形で先は徐々に細くなる。最近は沖縄本島ではなかなか見られなくなった。

石垣島 2011.12月



花のアップ


真上から。


幼株。


与那国島 2013.12.16



トップへ戻る

inserted by FC2 system