タチシバハギ(立芝萩)

マメ科 ヌスビトハギ属
Desmodium incanum

日当たりの良い草地や路傍に生える多年草。草丈は30〜50cm。茎は多少分岐し、微毛があるか、やや無毛。 葉は3出で頂小葉は倒卵形〜倒卵状長楕円形、長さ2.5〜6cm、上面は無毛、下面は多少灰白色で細毛を密布する。 側小葉はやや小形、托葉は狭い三角形。頂性する総状花序は長さ10cm程度、紅紅色の小花を10〜25個つける。 莢果は多少湾曲し、長さ4cm。南米原産の帰化植物。沖縄には戦後帰化した。


国頭村 2013.4.27

トップへ戻る

inserted by FC2 system