タヌキアヤメ(狸菖蒲)

タヌキアヤメ科 タヌキアヤメ属
Philydrum lanuginosum

湿地に生える多年生草本。高さは50〜100cmで多少綿毛を有する。茎は通常単一、まれに1枝を出す。 葉は2列に出て剣状線形、長さ30〜60cm、軟質、基部は袴状上方の葉は次第に小さくなり、披針形から包に移行する。 穂状花序は長さ30〜60m程度で白い綿毛で覆われ、苞の腋に1〜2個付く。花は無柄で黄色、径1.2cm萼片は有毛で脈が多い。 室果は長楕円形。種子は狭長楕円形、有條で小突起がある。
分布は九州南部〜沖縄各島。開花は7〜10月。


西表島 2011.9.8

西表島 2014.7.25

西表島 2014.7.25




トップへ戻る





inserted by FC2 system