タンキリマメ(痰切豆)

マメ科 タンキリマメ属 
Rhynchosia volubilis


草地や林縁などに生えるつる性の多年草。全体に微毛が多い。葉は互生し、3出複葉でやや紙質、下面に腺点を密布する。 頂小葉は倒卵形〜広倒卵形で長さ3〜5cm、幅2.5〜4cm。
総状花序はは10〜20花、長さ2〜4cm、花は黄色。莢は楕円形、扁平で 多少膨れ、長さ12〜13mm、表面に短毛があり紅く熟して黒い球形の種子が出来る。
分布は関東以南〜沖縄。開花は7〜11月。


石灰岩の周りをつたって伸びていました。
名護市2008.9.20

名護市 2008.9.20

花後の莢が赤く色づいた所。
名護市 11.11.12

豆果が割れて黒い種子が2個づつ付く。
とても可愛らしい表情をしている。

名護市 2011.11.22
トップへ戻る


inserted by FC2 system