タンゲブ
タイワンツルギキョウ

キキョウ科 ツルギキョウ属
Campanumoea lancifolia


山地の林縁に生える多年生草本で高さは30〜80cm。斜面に生え茎は下向きなる事が多い。 葉は対生、葉柄は短く3〜6mm、葉身は披針形〜卵状披針形、長さ5〜11cm、幅1.5〜5cm。 花は単性で頂生し、2叉分岐した集散花序となり、萼片は花時には短いが果実期には長く伸び、細い裂片に鋸歯があり、長さ4〜12mm、 花冠は白色で短い鐘形。液果は球形で径1cm、黒紫色に熟する。
分布は種子島以南〜沖縄。開花は8〜10月。

05.10.22 

熟した果実は甘くてサクっとした食感で美味しい。
国頭村 2007.12.15 

国頭村 2016.10.29

トップへ戻る

inserted by FC2 system