タマツナギ(玉繋)

マメ科 ヌスビトハギ属
Desmodium gangeticum

日当たりの良い低地原野に生える亜低木。茎は細く灰白色の毛を密生し、直立又は斜上して高さは1m位。
葉は単葉で卵状長楕円形、長さは3〜10cm、先は尖り、基部は円形。葉の下面は有毛。
総状花序は葉腋や茎頂につき長さは30cm位になり、多数の花を咲かせる。花の色は淡黄白色または淡い紫紅色で長さは4mm位。 莢は円形の長さ2cmで多少湾曲する。円形の果実が連なった形から名前がついた様だ。

西表島 2013.5.27

西表島 (左)2012.10.28 (右)2013.5.27

西表島 2012.10.28

トップへ戻る

inserted by FC2 system