タマガヤツリ(玉蚊帳吊)

カヤツリグサ科 カヤツリグサ属
Cyperus difformis

荒地や湿地に生える高さ15〜40cmの1年生草本。根茎は無く、叢生し、軟らかい。
有花茎は3角柱形。葉は扁平で先端は尖り、有花茎より長い。苞は花序より長く、2〜3枚。
基部の鞘は赤褐色を帯びる。花序は単一又は複散房状で長さが異なる数本の花序枝の先に頭状の分化花序をつける。 小穂は線形、長さ3〜8mm、10〜20個の花をつけ、暗褐色、又は緑色。
鱗片は倒卵形、中肋は緑色。 痩果は倒卵形で長さ約0.6mm。柱頭は3岐する。分布は日本全国。

宜野湾市 2010.7.31

球形の花序の色が暗褐色の物が多いそうだ。
2013.12.8

(左)2010.7.31 (右)2015.1.19


鱗片は紫褐色、長さ0.7mm。中肋は緑色で僅かに尖る。痩果には稜があり、長さ0.6mmと鱗片より少しだけ小さい。柱頭は3岐する。 
2013.12.8

 

トップへ戻る

inserted by FC2 system