タカウラボシ (高裏星) 

ウラボシ科 オキナワウラボシ属
Microsorum

・森林内の渓流近くの湿地に生える常緑性のシダ。
・根茎は長く匍匐し、径4〜6mm、鱗片は黒褐色、卵状披針形、不規則な鋸歯縁。
・葉柄は無毛、長さ20〜50cm、淡緑色、上部に僅かに翼があり、最基部に黒褐色の鱗片がつく。
・葉は狭卵形、1回羽状深裂〜全裂、長さ40〜130cm、幅10〜30cm、鈍頭〜鋭尖頭、硬い草質で光沢のある黄緑色、 頂羽片があり、側羽片は15〜30対、全縁。葉軸にはほぼ全体に渡って翼がある。
・胞子嚢群は葉身、裂片の頂点側からつき、裂片のやや中肋よりに1列に並ぶ。円形〜楕円形で径2〜3.5mm。
・分布は琉球列島(沖縄島以南)

西表島 (左)2015.2.16  (右)2013.7.29

西表島 2013.7.29

トップへ戻る


inserted by FC2 system