タカツルラン(高蔓蘭)

ラン科 ツチアケビ゙属
Galeola altissima


山地樹林下で木の幹をつたって這いあがって行く葉を持たないつる性の腐生ラン。全株無毛。赤茶色の茎は木をつたって高さ5〜20mも上って行く。 花は薄いクリーム色で茎の上方の麟片葉に腋生し円錐花序をつけ、たくさんの花をつけます。果実は細長い根棒状で長さは15〜30cm。 花を咲かせた後の茎は枯れる事が多く、翌年は下方から又新しい茎が這いあがります。別名:ツルツチアケビ



満開の状態2010.6.27

2012.5.18

果実の様子2012.8.24


2009.6.20


蕾をつけてから開花まで4週間位だった。

09.5.30

09.6.20

雨のせいで垂れ下がってしまった。09.6.27


花を見る事が出来ました。この日のブログ→2009.6.7



見た所5m以上も高く木をつたわって伸びていました。
花は5〜6月頃でしょうか。まだ見た事がありません。2006.1.22


国頭村 (左・中)2013.6.8 (右)2013.9.4


トップへ戻る

inserted by FC2 system