タカサゴシラタマ

マタタビ科  タカサゴシラタマ属

Saurauia tristyla


高さは5m位の常緑小高木。葉は長楕円状楕円形〜倒卵形、長さ15〜27cm、幅5〜10cm
花は腋生または葉の落下した枝に生じ、短い集散花序、白〜帯紅白色で径1cm。
別名をヤエヤマシラタマ。県内の分布は石垣島、西表島。開花期は5〜6月。

西表島 10.6.4
西表島 10.6.4

2011年に西表島に出かけた時には小さい枝の下で目の高さで見る事が出来た。
西表島 11.9.9

西表島 11.9.9


トップへ戻る

inserted by FC2 system