タカサゴサギソウ(高砂鷺草)

ラン科・ムカゴトンボ属
Peristylus tetaculatus

陽のあたる低山地の林縁や林道の斜面、草地等に生える多年草。草丈は20〜30cm。 葉は根元に4〜6枚つき、長楕円形〜披針状長楕円形。やや斜上気味に葉を広げる。茎頂に総状花序をつくり、淡黄緑色の花を多数つける。 3裂した唇弁の側裂片が左右に開いた姿は分かりやすい特徴。
分布は屋久島〜沖縄。


名護市 05.11.27

東村 08.10.19

東村 08.10.19
 


東村 2014.11.7

東村 2014.11.7

(果実)国頭村 2014.12.6
 

 



トップへ戻る

inserted by FC2 system