タカサゴイチビ (高砂青麻) 

アオイ科 イチビ属
Abutilon indicum

海岸近くの原野に生える多年草。茎は分岐し高さ0.5〜2.5m、基部は木質化する。
葉は長い柄がある卵円形で長さ、幅ともに5〜12cm、先は短く尖り、基部は心形、全縁〜細鋸歯があり、両面に灰白色の 毛を密生する。
花は葉腋につき、長い柄の先に単生、径2〜2.5cm、黄色〜黄橙色、夕方に開花する。
果実は車輪状で径2cm、星状毛を密生する。分布は奄美諸島以南。花期は3〜5月。

与那国島 2014.3.24

夕方に開花する。撮影は午後4時過ぎ。
与那国島 2014.3.24

葉の両面に灰白色の密毛を密生する。
与那国島 2014.3.24

トップへ戻る


inserted by FC2 system