タカサゴボウラン(高砂棒蘭)

ラン科 ボウラン属
Luisia teres var. botanensis


乾いた岩や木等に着生する多年草。草丈は10〜30cmでボウランと同様に多肉質で太い茎と円柱形の葉をつけます
茎の節部より出た太い花軸の上に花序が出て、花を5〜6個つけます。唇弁は厚くなっていて紫黒色、先端が2裂して
いるが、ボウランの花よりも小さい。唇弁の紫黒色の斑紋もやや小さい。分布は八重山諸島。

石垣島 2013.7.28

 石垣島 2011.12.24
トップへ戻る

inserted by FC2 system