タイワンウラジロイチゴ(台湾裏白苺)

バラ科 キイチゴ属
Rubus swinhoei

日当たりのよい林縁に生える蔓性の低木。枝には棘を散生する。葉は互生し洋紙質、卵形〜卵状披針形、長さ5〜10cm、先は鋭頭〜鋭尖頭、 基部は切形〜浅心形、縁は不規則な鋸歯がある。
枝先に出来る散房花序には白色の花が1〜3個つき、径約3cm。萼裂片は3角状卵形で5〜8mm、先は 急に尖り、腺毛がある。

琉球植物誌によるとクワノノハイチゴ とタイワンウラジロイチゴは学名が違うが、葉の形がクワノハイチゴの方が
やや丸いというだけで他に変わりがなく同種との記載があるが、本種は花床筒や萼片に長毛があり、腺毛がない点で異なるという。

石垣島 2014.3.22

石垣島 2014.3.22

石垣島 2014.3.22

石垣島 2014.3.22

トップへ戻る

inserted by FC2 system