タイワンウオクサギ(台湾魚臭木)

クマツヅラ科 ハマクサギ属
Premna corymbosa var. obtusifolia



低地、海岸近くの山裾等にみられる常緑の小高木。高さは3〜10m。
葉は対生、葉紙質、卵形〜卵状楕円形、先は急に尖る。長さ6〜17cm、
幅は4〜10cm。葉柄は長さ1.5〜8cm。
枝先に5〜17cmの散房花序を作り、花を多数咲かせる。白い花は
長さ約2mm、先が4裂する。果実は球形で黒熟する。

国頭村 2013.4.27

国頭村 2013.4.27



トップへ戻る

inserted by FC2 system