タイワンルリミノキ(台湾瑠璃実の木)

アカネ科 ルリミノキ属
Lasianthus cyanocarpus Jack  
 

山地の樹林下に見られる高さ1〜1.5mの常緑低木。 茎は直立分岐し、全体に褐色の開出長毛がある。
葉は対生し、長楕円状で長さ15〜25cm、幅4〜8cm、先は鋭く尖り、基部も狭い楔形、細脈が下面に突き出る。 葉柄は大きく長さ1cm、包は外側のものは卵形で先が長く鋭く尖り、長さ2〜3cm。
葉腋に白色の花を1〜2個つける。果実は青色に熟する。
分布は奄美諸島以南。台湾、南中国、フィリピン等。開花は10〜12月。

この仲間で他には リュウキュウルリミノキオオバルリミノキニコゲルリミノキマルバルリミノキケシンテンルリミノキルリミノキ等がある。


西表島 09.4.24

西表島 11.12.25


西表島 09.4.24

西表島 09.4.24

国頭村 2016.4.7

国頭村 2016.4.7


トップへ戻る





inserted by FC2 system