タイワンヒヨドリバナモドキ(台湾鵯花モドキ)
別名:タイワンヒヨドリ。

キク科 ヒヨドリバナ属
Eupatorium formosanum

日当りの良い林縁や道端でみられる高さ30〜150cm位の多年草。全株開出毛を有する。
茎は根茎から束生し、多少分岐、基部は木質化し、上向きに曲がった毛が多い。
葉は長柄があり、対生、広卵形、5〜15cm、3裂し、頂裂片はさらに3〜5裂し鈍頭、縁は低い鋸歯、両面に曲がった毛があり、裏面に腺点がある。
頭花は密な散房花序で花冠は長さ3〜3.5mm、幅1〜1.5mm、5裂し、裂片は短い3角形。痩果は5角形。
分布は琉球以南、台湾、フィリピン。開花は11〜3月。

2009.11.14

2010.10.24

04.10.23

本部町 2019.10.31


トップへ戻る

inserted by FC2 system