タイワンヒメコバンノキ(台湾姫小判の木)

トウダイグサ科 タカサゴコバンノキ属
Breynia formosana





隆起サンゴ礁の石灰岩の山等に生える低木。雌雄同株。高さは1〜2m位。
小枝はやや太く有稜で無毛。葉は互生で卵状長楕円形で下面はやや
灰白色。葉柄は長さ1〜2cm。花は葉腋に出来、緑色の小花をつける。
子房柄は果実時は長く、額は花後ほとんど拡大しない。
果実は液果で球形の直径約4o。長円形で赤く熟する。
分布は奄美大島以南〜沖縄諸島、台湾 花期は5〜10月

国頭村 11.5.26


国頭村 12.5.27

国頭村 12.5.27





伊是名島 2015.9.16

伊是名島 2015.9.16

トップへ戻る

inserted by FC2 system