タイミンタチバナ(大明橘)

サクラソウ科 ツルマンリョウ(以前はヤブコウジ科タイミンタチバナ属)
Myrsine seguinii

山地に生える常緑小高木。葉は単葉、互生、全縁、線状長楕円形、名がさ5〜15cm、幅1.2〜3.3cm、表は鈍い光沢があり、 下面は、主脈が隆起し、測脈は不明、両面無毛。花は前年枝の葉腋、又は落下した短枝の葉腋から傘形状にでて花冠は白色で5深裂し、径4〜5mm。 果実は球形〜卵円形で紫褐色に熟し、長さ5〜7mm。
分布は関東南西部伊南〜九州〜沖縄。早春に花が咲く。


国頭村 2017.1.24

大宜味村 2017.3.16

国頭村 2017.3.16


トップへ戻る



inserted by FC2 system