ショウベンノキ(小便ノ木)

ミツバウツギ科 ショウベンノキ属
Turpinia ternata

低地〜山地に見られる常緑の亜高木で疎らに枝を分岐する。高さは4〜5m位だが成長すると15mにもなる。
葉は対性で奇数羽状複葉で通常3個の小葉からなる。小葉は楕円形〜長楕円形長さ7〜15mm、先は急に尖り、浅い鋸歯縁。 円錐花序は長さ10〜15cm、花は黄白色で径6mm。果実は球形で径1cm、黄熟する。種子は通常3個。 木を切ると樹液が多く出ることからこの名前が付けられた。。
分布は土佐、九州南部〜沖縄。開花は3〜4月。

2012.4.26

13.3.13

名護市 2009.11.22

石垣市 2014.3.21

石垣市 2014.3.21


トップへ戻る

inserted by FC2 system