スズメノトウガラシ(雀の唐辛子)

アゼナ科(←ゴマノハグサ科)スズメノトウガラシ属(← アゼトウガラシ属)
Bonnaya antipoda

田畑や湿地など湿り気のある所に生える1年生草本。茎は基部から分岐して斜上して分岐して広がり、 長さは10〜30cm。
葉は対生で長楕円形、長さ2〜4cm、幅5〜10cm、やや多肉質で先は尖り鋸歯がある。
葉腋から花茎をだして淡紫色の花をつける。萼は5全裂し、裂片は線状披針形。花冠は2唇形で長さ1cm程度。 室果は細長い円筒形で長さ1〜1.5cm。分布は本州(岩手県以南)〜琉球。開花は2〜12月。周年?

西表島 2012.2.6

西表島 2012.2.6

見慣れるとやんばるでも見つけられるようになった。花は淡紅紫色だった。
国頭村 2012.12.1

トップへ戻る



inserted by FC2 system