ソウシジュ(相思樹)

マメ科 アカシア属
Acacia confusa


山地林縁、低地、道路脇等でみられる常緑高木。細い葉に見えるのは葉柄が変化したもの。4〜6月ごろに腋性の花序に 数個の黄色い花を咲かせる。花は球形で直径1cm。原産地 台湾、フィリピン。明治の末ごろに台湾から導入された。 今では街路樹としてもよく使われている。
沖縄名はソーシギ、ショーシギー。

2012.4.30

2012.9.12

トップへ戻る



inserted by FC2 system