シロシャクジョウ(白錫杖)

ヒナノシャクジョウ科 ヒナノシャクジョウ属
Burmannia cryptopetala  



常緑樹林下に生える白色の菌従属栄養の多年草。根茎は多数のひげ根がある。
茎は高さ5〜15cmで 疎らに小鱗片を互生する。鱗片葉は狭卵形。
花は茎の先に1〜3個、倒卵形で長さ7〜10mm。花筒には広い縦翼があり、翼の幅は1.5mm、基部の方が狭くなる。 外花被片の先端は黄色、内花被片は発達しない。雄しべは3個、葯隔は大きい。雌しべは長さ7〜8mm、子房は卵形、花柱の先端は3裂、3個の柱頭がある。 分布は近畿地方以南〜琉球。開花は6〜7月。


2007.9.9

2007.9.30

(左、中)国頭村 2009.8.2  (右)国頭村 2017.7.16

国頭村 2017.7.16


トップへ戻る


inserted by FC2 system