シロオニタケ(白鬼茸)

テングタケ科 テングタケ属 
Amanita virgineoides

 湿ったや林下で見かけるかなり大きなキノコです。カサには、表面に尖った錘状のイボが密生し、若い時期には見られる事が多いが、 イボは脱落しやすく白色、条線は無い。有毒。

  (左) 2007.9.8 (右) 2013.9.4





トップへ戻る

inserted by FC2 system