シロキクラゲ(白木耳)

シロキクラゲ科 シロキクラゲ属
Tremella fuciformis


春から秋にかけて、広葉樹倒木や枯枝に発生する。形は不規則で、花びら状と表される。
子実体はゼリー質で白く、半透明。キクラゲ同様、乾燥すると小さく縮み、湿ると元に戻る。
ビタミンが豊富で栽培もされ、食用とされ、中華料理、薬膳料理に用いられる。

国頭村 2012.7.18
トップへ戻る



inserted by FC2 system