シロバナミヤコグサ(白花都草)

マメ科 ミヤコグサ属
Loutus australis


海岸沿いの砂浜や草地に生える匍匐性の多年生草。茎は分岐して広がり長さ20〜40cmになる。葉は奇数羽状複葉で 小葉は2対で倒披針形、長さ1.5〜2cm。花は葉腋に散形花序になり4〜5花つく。花弁は白色で長さ約1.2cm。豆果は円筒状で長さ4〜5cm、種子は20個。
分布は九州(喜界ケ島以南)〜沖縄。開花は3〜5月。

石垣島 10.6.6

沖縄本島 2012.4.17

2012.4.17

2012.4.17

トップへ戻る

inserted by FC2 system